2009年09月10日

NIGHT LIGHTS/Gerry Mulligan

61MFTtKbszL__SS500_.jpg

ここ数日、朝夕は涼しくなり大分過ごしやすくなってきました。

「過ぎ行く夏」と言えば、私にとっては井上陽水「少年時代」か、ラテンの名曲「カーニバルの朝(黒いオルフェ)」の都会的でおしゃれな名演を収録した、ジェリー・マリガン「NIGHT LIGHTS」です。

ジェリー・マリガンは、バリトン・サックスの第一人者で、その重低音を生かした豪快な演奏で有名な人です(ジャズのソロ楽器としてはややマイナーな存在ですが)。

しかし、本作ではバリトン、トランペット、トロンボーンの3管編成により、大人のテイストで美しいメロディーを優しく奏でているのが実に印象的です。

そんな優しく落ち着いた大人の演奏が秋の夜にピッタリくるのでしょう。

深みがある渋いバリトンの音色、優しい温かみを帯びたトランペット・トロンボーンのソロ、3管の美しいアンサンブル、そしてギターのジム・ホールのいぶし銀の絶妙なサポートが聴きどころです。

中でもオススメは、先にでてきた2曲目「Morning of the Carnival」(カーニバルの朝)、そこはかとなく哀感漂う4曲目「Prelude in E minor」あたりでしょうか。

ジャケットのデザインも秀逸で、部屋に飾っても映えますヨ!


初心者オススメ度 ☆☆☆☆

データ
posted by パンチ at 20:30| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

DIPPIN'/Hank Mobley

41DT89AYYDL__SS400_.jpg

前回の「GETZ/GILBERTO」の涼しげなイメージから一転、今回は暑いなら「その暑さを楽しもう!」的な趣のハンク・モブレーの「DIPPIN'」です!(あくまで私の主観ですがたらーっ(汗)

ハンク・モブレーは、jazzの歴史や評論家的見地からすると、お世辞にも評価が高いミュージシャンとは言いがたい存在です。

事実、完璧主義のマイルス・テイビスの創り出すMils World(Someday My Prince Will Come)では自分の居場所が見つけられず、萎縮しているような演奏がその評価を落としてしまっているのでしょう。

そんなモブレーですが、誰にも気兼ねなく演奏できる自らのリーダー作ではその本領を如何なく発揮しています。

モブレーの良さとは、(コルトレーンやロリンズのような)決してスーパーではないものの、それを補う人間味溢れる演奏スタイル、親近感、わかりやすさ、ゆるさなのではないかと思います。

その中でもとりわけハジケている本作。
何も小難しい事は考えずに、ビールでも飲みながら、「明日は仕事は休みだ〜」的ノリで聴くと100%楽しめることうけあいデス!

さて、なにはともあれ1番のオススメは2曲目「Recado Bossa Nova」でしょう。

自然と体が動き出すノリの良さ。
何処となく漂う哀感。
まさに日本人好みの1曲と言えるでしょう。
(実際に日本での人気は異常に?高いらしい)

あと、忘れてはならないのが、クルーでいて熱い(??)リー・モーガン。
最高にかっこいい!

「モブレーなんて所詮二流じゃん」などと言ってこれを聴かないのは勿体ないexclamation×2

初心者オススメ度 ☆☆☆☆☆


データ
posted by パンチ at 22:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。