2009年11月16日

CONCIERTO/Jim Hall

B00005F7CP_09_LZZZZZZZ81%.JPG


盲目のギタリスト、ホアキン・ロドリーゴ作曲の「Conceirto de Aranjuez(アランフェス協奏曲)」。

本来、ギターとオーケストラのための協奏曲(クラッシク曲)ですが、
ジャズでも度々取り上げられ、マイルス・デイビスの「スケッチ・オブ・スペイン」収録のものが有名です。

マイルスがトランペットとオーケストラという構成なのに対し、ジム・ホールはセクステットという正統のジャズの構成で勝負しています。

結論から言うとこれが実にいい!


美しい旋律のメロディーのテーマ部の後、それぞれの楽器のソロのパートが現れるというJAZZのフォーマットにのっとった演奏で、20分にも及ぶ長い曲なのですが、あっという間のように思える充実感、もっと聴いていたいと思うほど素晴らしい演奏です。

少しくすんだ独特のトーンでエモーショナルに歌い上げるジム・ホールのギターが素晴らしいのは勿論のこと、優しく繊細なポール・デスモンドのアルト、クールに時折哀愁を漂わせるチェット・ベイカーのトランペットのフロント2管は甲乙つけ難く、また存在感を誇示するかのように力強くサポートするローランド・ハナ、ロン・カーター、ステーブ・ガットのリズムセクション、この名手6人をドン・セベスキーのアレンジにより見事に纏め上げられた極上の一品と言えましょう。


この他の3曲は、カルテットorクインテットの演奏となりますが、これまたいずれも素晴らしい出来で、発売直後ベストセラーとなったのも頷ける名演です。

派手さはないものの、長く聴きたい、手元に置いておきたい名盤と言えましょう。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆☆

データ
【関連する記事】
posted by パンチ at 22:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

WYNTON KELLY!

B0000677R180%.JPG


秋本番の今回は、私も大好きなウィントン・ケリーの「WYNTON KELLY!」です。

このアルバムの3曲目「Autumn Leaves」は、ケリーらしく明るく爽快な楽しい演奏で、散りゆく枯葉を「楽しむ」という雰囲気が随所に溢れています。

そのせいか分かりませんが、なぜか子供の頃山に遠足に行った時のような楽しい記憶が呼び起こされます。

ただこのアルバム、近年はちょっと手に入れにくくなってしまったのが難点ですが、よくスイングし、よく歌う、ケリーの長所がよく生かされた名盤だと思います。

本作は歌物を集めたスタンダード集のような趣でどれも粒ぞろいなのですが、中でもおすすめは、実に楽しげに散りゆく3曲目の「Autumn Leaves」、そして6曲目「Sassy」はケリー節全開のブルージーな演奏で一押しです。

軽快にスイングする5曲目「Joe's Avenue」、8曲目「Gone With the Wind」も気分が楽しくなるハッピーな演奏でオススメです。


ちなみに、グラミー賞で有名なトランペッターのウィントン・マルサリスの「ウィントン」は、父エリス・マルサリスが尊敬するケリーの名をとって「ウィントン」と名付けたと言うのは有名な話です。

自分の息子にケリーのようなピアニストになって欲しいと願っていたのでしょうか?


初心者オススメ度 ☆☆☆☆

データ
posted by パンチ at 23:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。