2009年12月18日

BLUES ette/Curtis Fuller's Quintet

518K011CEAL__SS500_.jpg


今回は、JAZZの名曲「Five Spot After Dark」のオリジナル版が収録されている、カーティス・フラーの「BLUES ette」です。

村上春樹の著作「アフターダーク」のタイトル名は、この曲からとったとも言われており、またかなり昔のことですが「アリナミンV」のテレビCMでも使われていたので聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう(私はCMで知っていました。年がバレますが)。

トロンボーン奏者のカーティス・フラーは、第一人者J・J・ジョンソンの影にかくれやや地味な存在というイメージが強い人です。

実際、その演奏スタイルもおっとりとして地味なのですが、じっくり聴いてみるとスルメのようにその良さが染み出てくる感じが実にいい。

重厚なトロンボーンの特色を生かした暖かみのある少しかすれた低音で、音数こそ少ないものの落ち着きのある小粋なフレーズがなんとなく耳に残りまた聴きたくなる、と言った感じでしょうか。

その作曲・編曲能力で有名なテナーサックスのベニー・ゴルソンとのハーモニーは美しく、フラー、ゴルソン、ピアノのトミー・フラナガンともに少しくぐもったような音の調和がとれていてジャズ喫茶全盛時代の人気版だったというのも頷けます。

やはり1曲目「Five Spot After Dark」が白眉ですが、アップテンポの4曲目「Minor Vamp」での白熱したゴルソンとどっしり構えるフラーのソロ対決や、ノスタルジックなメロディーの5曲目「Love Your Spell Is Everywhere」も秀逸です。

寒い冬の夜に聴きたくなる名盤です。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆☆

データ
posted by パンチ at 21:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

DJANGO/The Modern Jazz Quartet

django.jpg

今回は、憂いを帯びた印象的なイントロで始まるタイトル曲があまりに有名なThe Modern Jazz Quartet(M.J.Q)の「DJANGO」です。

クラッシック音楽の手法と香りを、当時のジャズとうまい具合に融合させた、都会的で洗練されたクールな演奏がM.J.Qの持ち味です。

ダイナミックで熱気溢れるいけいけのJAZZとは好対照をなす、どことなく古典的な雰囲気が漂うM.J.Qの演奏は、クラッシック好きの人でも違和感なく聴ける類のものと言えましょう。

そんなM.J.Qの代表作の1枚に必ずあげられるのが今回の「DJANGO」です。以前取り上げた「CONCORDE」と「DJANGO」がM.J.Qの双璧と言っても過言ではないでしょう。

そしてこのアルバムを代表するのがタイトル曲の「DJANGO」です。

冒頭でも書いた魅力的なイントロは実に印象的で、私は、ふとした瞬間に頭の中に浮かんできて、無性にこの曲が聴きたくなることがあります。

この曲は、ピアノを弾くジョン・ルイスが、1953年に亡くなったギタリスト「ジャンゴ・ラインハルト」に捧げ書き下ろしたものと言われています。

ジョン・ルイスのジャンゴへの哀悼の気持ちがこんな名曲を書く原動力となり、それが故に聴く者の心を揺さぶるのでしょう。

私は楽器の演奏はできないのですが、こんなエピソードを聞くと音楽で自己表現できるっていうことはスバラシイことだなぁとつくづく思います。

初心者オススメ度 ☆☆☆☆ banner_03.gif

曲目&メンバー
ラベル:JAZZ ジャズ MJQ 名盤
posted by パンチ at 21:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

CONCORDE/The Modern Jazz Quartet

B00005GWFP.09._PE05_SCMZZZZZZZ_

The Modern Jazz Quartet(MJQ)は、ミルト・ジャクソン(vib)、ジョン・ルイス(p)、パーシー・ヒース(b)、コニー・ケイ(ds)の4人組のグループですが、このグループの特徴は、なんといってもミルト・ジャクソンの演奏するヴァイブラフォンでしょう。

なにかおしゃれっぽい雰囲気を醸し出す楽器ですが、天才的なミルト・ジャクソンのヴァイブとジョン・ルイスの粘りっこいブルージーなピアノが絶妙です。

このアルバムは、そんなMJQを代表する1枚です。
中でもオススメは、5曲目の「Softly,As in a Morning Sunrise」です。

この曲は数々のミュージシャンが名演を残している名曲ですが、このMJQの演奏もそれらにひけをとらない名演です。
曲がよいのはもちろんですが、ミルト・ジャクソンのグルーヴィーな演奏、ジョン・ルイスのブルージーなピアノは聴いていて本当に心地よい!の一言です。

初心者オススメ度 ☆☆☆☆
ラベル:ジャズ JAZZ MJQ 名盤
posted by パンチ at 23:06| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。