2010年02月06日

QUIET KENNY/Kenny Dorham

無題.JPG


今回は、トランペットの渋〜い名盤、ケニー・ドーハムの「QUIET KENNY」です。

ケニー・ドーハムは、ビバップ時代から活躍する渋い脇役といったイメージの強いプレイヤーですが、その作曲能力の高さにも定評がある人です。

本作の1曲目「Lotus Blossom」は彼の代表曲と言ってもよい名曲です。

私は初めてこの曲を聴いたのはオムニバス版の中の1曲としてなのですが、「チャチャチャー」と始まるシンバルのかっこよさと印象的なメロディーが耳に残り、いっぱつで虜になってしまったクチです。

本作のドーハムは、ハードにブローするわけでもなく艶やかな音色で淡々とクールな演奏に終始しますが、これがアルバム名「QUIET KENNY」の所以でしょうか。

ドーハムは、本作の他に「AFRO-CUBAN」という代表作がありますが、こちらはその名が示すとおり、ラテンナンバーで派手に爆発しており、こちらが「動」のドーハムとすると、本作は「静」のドーハムという事になるのでしょう。

といった訳で静かな曲が多いのですが、何と言ってもオススメは先に取り上げた「Lotus Blossom」でしょう。

他にはため?を効かせた長いソロが聴きどころの3曲目「Blue Friday」、抑えた美しさの4曲目「Alone Together」あたりが私のオススメです。

ドーハムの人柄が滲みでているかのような渋〜い名演です。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆

データ
posted by パンチ at 00:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トランペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

CHET BAKER SINGS/Chet Baker

B0000259VM.09.LZZZZZZZ.jpg

私はジャズ・ボーカルというものはあまり聴きません。

でも、チェット・ベイカーのこのアルバムは別格です。

チェット・ベイカーは元々トランペット奏者として有名な人なのですが、彼のボーカルをフィーチャーしたこのアルバムには独特の味があるのです。


チェットのボーカルはいわゆるジャズシンガーとは異なり、淡々とひよわな感じで鼻歌のように歌います。

「うまいなぁ」というよりは、いつの間にか癖になるような「麻薬的」な心地よさとでも言えば良いのでしょうか。

ちょっと聴きしただけでは男か女か区別がつかない中性的な声でけだるそうに歌うチェットのボーカルは他の人にはだせないワン&オンリーの味があります。

曲目も有名なスタンダードがずらりと並び、メロディをストレートに歌い上げているので曲を覚えるのにもオススメです。


そして、なんと言ってもオススメは「My Funny Valentine」でしょう。
この曲にでてくる「ヴァレンタイン」は実は人の名前なのですが、今の時期になると真っ先に思い出すくらい印象的に残る名演です。

全編に溢れる優しくアンニュイなチェットのボーカルと歌の間に披露する端正でリリカルなトランペットに癒されますよ。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆
曲目
posted by パンチ at 10:53| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | トランペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

CANDY/Lee Morgan

candy17%.JPG

今回は「ファイヤー」とも称される天才トランペッター、リー・モーガンです。

リー・モーガンは早くから神童と言われていたように、「これぞトランペット!」といった暖かみと張りのある音色、抜群のテクニックを駆使した緩急自在のフレージング、そしてその華麗で激しい演奏スタイルから前述のように称され、まさに天才の名を欲しいままにしてきました。

しかし、こうしたテクニシャンにはよくありがちなように、ちょっとうるさく感じる時もありそれが玉に瑕なのですが、本作のリー・モーガンは最高の出来です。


本作は、リー・モーガン唯一のワンホーンアルバムと言われていますが、きらきらと輝いていた19歳当時の若さ溢れる溌剌とした演奏を堪能することができます。

ここでのリー・モーガンは、決してテクニックに走るでもなく、寛いだ雰囲気の中で潤いのある演奏しており、特にバラードで瑞々しくもしっとりと歌い上げるさまは余裕すら感じさせるほどです。

と言った訳で私のオススメは、ある種貫禄すら漂わせている「Personality」「Candy」、暖かみのある音色で訥々と歌い上げる「All The Way」「Since I Fell for You」におけるバラード演奏といったところです。

曲目もバランスのとれた選曲がなされており、肩の力を抜いて気軽に聴ける名盤と言えるでしょう。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆
曲目
posted by パンチ at 22:47| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | トランペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

Booker Little/Booker Little

B0002Q2KI2.01._OU09_PE05_SCMZZZZZZZ_

ブッカー・リトルは、若々しい張りのある音色の中にどことなく漂う哀感が特徴的なトランペット奏者です。彼は23歳という若さでこの世を去ってしまうのですが、そんな悲劇的な彼の一生を、なぜか彼の吹くラッパの音色に重ね合わせて聴いてしまうのです。

そんなわけで元々リトルの残した演奏自体が少ないのですが、本アルバムは唯一彼のワンホーンによるリーダー作です。この他では、エリック・ドルフィーとのファイブ・スポットにおける共演が有名ですが、本作はリトルの演奏が全面的にフィーチャーされており、またビル・エバンス・トリオのベーシストとして有名なスコット・ラファロとの共演が最大の聴き所です。

天才ベーシスト・ラファロもまた25歳という若さでこの世を去ってしまうのですが、夭折した2人の天才の出会いはある意味奇跡といってもよいのではないでしょうか?

本アルバム全6曲中5曲がリトルの作曲で、全編リトルの若々しくもどことなく物悲しいトランペットとラファロの歌うようなベースを堪能することができるのですが、中でもオススメは3曲目の「Bee Tee's Minor Plea」です。

リトルオリジナルのブルースですが、ウイントン・ケリーのブルージーなピアノに乗って漂うようなリトルのラッパが絶妙です。欲を言えばラファロのベースソロをもう少し長く聴きたかった。

初心者オススメ度 ☆☆☆


posted by パンチ at 12:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トランペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

Byrd In Hand/Donald Byrd

B00000IR1Q.09.MZZZZZZZ.jpeg

バードのクールなトランペットとペッパー・アダムスの豪快なバリトンサックスがかっこいい。
特に2曲目の「Here I Am」がオススメです。

ドナルド・バードの作品の中でもさほど目立つものでもないのですが、これは隠れた名盤ですよ。

初心者オススメ度 ☆☆☆
posted by パンチ at 15:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | トランペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。