2009年10月01日

'Round About Midnight/Miles Davis Quintet

51V41Y1EM1L__SS500_.jpg

秋分も過ぎ、秋の夜長の季節となってきましたね。

さて本作は、時代により変遷するマイルスの経歴の中でも初期にあたる「ハード・バップ」の時代を代表する作品で非常に完成度が高い名演です。

アドリブ1本で勝負するビ・バップと比べ、ハード・バップは曲の構成・アドリブの配置など形式的なものに配慮し、少々乱暴な言い方かもしれませんが幅広い聴衆層を意識した音楽と言えるでしょう。

私見ですが、「ジャズ」というとこの時代の演奏スタイルを指していることが多いように感じます。いずれにしても、「ハード・バップ」はジャズの代表的なスタイルであることに間違いはないでしょう。


さて、前置きはここまでにして「'Round About Midnight」です。

曲、そしてアルバム全体の構成・演出ひとつひとつに緻密なこだわりを見せる、いかにもマイルスらしいひとつの「作品」といえる出来栄えです。

特に表題曲の「'Round About Midnight」は、コルトレーンのテナーの低く抑えたブローをバックに、マイルスのミュートトランペットが美しくまさに「'Round About Midnight」のミステリアス雰囲気を醸し出しており、マイルスを中心に盛り上がるテーマ部からコルトレーンのソロへとつなぐ部分は絶品!です。

一説によるとギル・エバンスのアイデアを拝借したとの話もありますが、見事なアレンジ・演奏です。

また、脇役レッド・ガーランドのピアノもいつもながらいい味をだしており、マイルス・バンドでのガーランドの演奏にはハズレがないと言ってよいでしょう。

相方コルトレーンが上手くなっているのも興味深いところで、1955,56年というへぼテナーから急成長する時期の演奏は要注目です。

秋の夜長、マイルスのミュートは真夜中によく似あいます。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆

データ
posted by パンチ at 20:13| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) |  Miles Davis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

MY FUNNY VALENTINE/Miles Davis

B00004U2Q2.09.LZZZZZZZ.jpg


すっかりご無沙汰してしまい、久々の更新となってしまいました・・・

blogリニューアル第1弾は、タイトル曲が有名なマイルス・デイビスの64年のライブ盤です。

マイルスは時代と共にその演奏スタイルを目まぐるしく変貌させますが、この演奏が収録された64年は、フリー・ブローイング時代と言われている時代です。

スタジオ録音での計算された緻密なプレイを聴かせていた一昔前と異なり、変幻自在の優秀なリズムセクションを従え、インスピレーション溢れ、豪快かつ自由奔放に吹きまくるところがその魅力と言えましょう。

こうした特長は、本作と同日録音の「FOUR & MORE」に最もよく現れているところですが、本作はそんな自由奔放さと従来の緻密さが同居した不思議な魅力があるアルバムとなっています。

「FOUR & MORE」を「動」とすれば、本作はさしずめ「静」といったところなのですが、全篇に漲る凄みすら感じさせる高いテンションと一瞬にかける創造力とが、本作を単なるバラード集に終わらせない所以でしょうか。

タイトル曲「My Funny Valentaine」は、それとはっきりわかるテーマ部がほんの申し訳程度に現れるだけで、初めて聴いた時には「これ何??」ってな感じなので、「なんと言っても曲が好き!」という人には正直消化不良かもしれません。

しかし、ハービー・ハンコックのリリカルなイントロに続き、枯れたテーマ部から一気に吹き上げるマイルスのラッパは絶品で、聴けば聴くほどスルメのように味がでる非常に完成度の高い演奏と言えましょう。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆  banner_03.gif 



曲目&メンバー
posted by パンチ at 21:35| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) |  Miles Davis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

KIND OF BLUE/Miles Davis

B000002ADT.01.MZZZZZZZ

これも言わずと知れた超名盤です。

マイルス・ディビスはその長いキャリアの中で、自らのスタイルを次々と変貌させてゆきます。そして、それぞれのスタイルの中で名盤を残していくのですが、この「Kind of Blue」はその中でも頂点を極めるものだと言っても過言ではないでしょう。

なにか教会をイメージさせるような特徴のあるピアノのイントロの「So What?」が始まるとすぐさまその独特の世界に引き込まれます。ノリのよい演奏とは違うのですが、私は、このアルバムを聞くとなにか心が洗われるような感じがします。

マイルスのリリカルなトランペット、雄大なコルトレーンのテナー、小粋なキャノンボールのアルト、ただただ美しいエバンスのピアノ・・・ 素晴らしい。
そして2曲目のみに参加しているウイントン・ケリーのピアノもいいです。
ブルージーなこの曲にはピッタリの演奏で、私はこの演奏を聞いてウイントン・ケリーが好きになりました。

初心者オススメ度 ☆☆☆☆


posted by パンチ at 22:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) |  Miles Davis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。