2009年09月21日

INTERPLAY/Bill Evans Quintet

5190ozr2QNL__SS500_.jpg


私は、ビル・エバンスの良さは、繊細で透明感あふれる美しいタッチ、そしてそこから紡ぎだされる時に優しく、時に激しい、まるで神が乗り移ったかのような美しいピアノのアドリブだと思っています。

そして、そんなエバンスの最高傑作とも言われるのが、以前このブログでも紹介した「Waltz for Debby」や「Explorations」をはじめとしたスコット・ラファロ、ポール・モチアンとのトリオによる演奏です。

このトリオはラファロの死により突如終焉してしまい、エバンスはしばらくリーダー作を発表することができなくなってしまうのですが、本アルバムはそんなエバンスの再出発の年に録音されたものです。

キラキラと美しく輝くトリオの時の演奏とは異なるのですが、本作はなにか人間ビル・エバンスを身近に感じさせてくれる私のお気に入りの1枚です。

リリカルなジム・ホールのギターはエバンスのピアノと実に相性がよく(エバンス&ホールのデュオ作「UNDERCURRENT」)、このアルバムに独特の雰囲気を加えていますし、フレディ・ハバードも緊張感ある若々しいソロを披露しています。

なかでもオススメは5曲目の「Interplay」です。
エバンスにしては珍しい彼の作なるブルースですが、ジム・ホール、フレディ・ハバードの渋い演奏と、そしてなによりトリオの時とは一味違う、胸がギュッと締めつけられるかのようなエバンスのピアノに深い余韻が残る1曲です。

他のスタンダード曲もいずれも粒ぞろいです。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆

1. You and the Night and the Music
2. When You Wish upon a Star
3. I'll Never Smile Again [Take 7]
4. I'll Never Smile Again [Take 6]
5. Interplay
6. You Go to My Head
7. Wrap Your Troubles in Dreams (And Dream Your Troubles Away)

Bill Evans(p),Freddie Hubbard(tp),Jim Hall(g),Percy Heath(b),Philly Joe Jones(ds)

Original Release Date: July 16,17,1962,New York City
posted by パンチ at 21:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |  Bill Evans | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。