2009年09月10日

NIGHT LIGHTS/Gerry Mulligan

61MFTtKbszL__SS500_.jpg

ここ数日、朝夕は涼しくなり大分過ごしやすくなってきました。

「過ぎ行く夏」と言えば、私にとっては井上陽水「少年時代」か、ラテンの名曲「カーニバルの朝(黒いオルフェ)」の都会的でおしゃれな名演を収録した、ジェリー・マリガン「NIGHT LIGHTS」です。

ジェリー・マリガンは、バリトン・サックスの第一人者で、その重低音を生かした豪快な演奏で有名な人です(ジャズのソロ楽器としてはややマイナーな存在ですが)。

しかし、本作ではバリトン、トランペット、トロンボーンの3管編成により、大人のテイストで美しいメロディーを優しく奏でているのが実に印象的です。

そんな優しく落ち着いた大人の演奏が秋の夜にピッタリくるのでしょう。

深みがある渋いバリトンの音色、優しい温かみを帯びたトランペット・トロンボーンのソロ、3管の美しいアンサンブル、そしてギターのジム・ホールのいぶし銀の絶妙なサポートが聴きどころです。

中でもオススメは、先にでてきた2曲目「Morning of the Carnival」(カーニバルの朝)、そこはかとなく哀感漂う4曲目「Prelude in E minor」あたりでしょうか。

ジャケットのデザインも秀逸で、部屋に飾っても映えますヨ!


初心者オススメ度 ☆☆☆☆

1. Night Lights [1963 Version]
2. Morning of the Carnival (Manha de Carnaval)
[From Black Orpheus]
3. In the Wee Small Hours of the Morning
4. Prelude in E minor
5. Festival Minor
6. Tell Me When
7. Night Lights [1965 Version]


Gerry Mulligan(bs,p&cl),Art Farmer(tp,flh),Bob Brookmeyer(tb),Jim Hall(g),Bill Crow(b),Dave Baily(ds)

Original Release Date: Sep, 1963


posted by パンチ at 20:30| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パンチさん、こんばんは!
おかえりなさいませ。超お久しぶり。
どうしているのかと、たまに訪問はしていましたが。。
2年半の間、世の中はいろいろ進化してしまいましたよ。^^私も仲間がたくさん増えましたし、最近サックスを始めたりして。
パンチさんのブログはモダン系の名盤を紹介しているので、今後も参考にさせていただきたいと思っていますので、ゆっくりでいいので更新してくださいね。よろしくお願いします〜。
Posted by pooh at 2009年09月12日 00:17
poohさん、こんばんは!
超・超ご無沙汰になってしまいました・・・
またのご訪問、本当にありがとうございます!!

このブログの存在すら忘れてしまう程すっかり頭の中から消え去ってしまっていたのですが、何かのきっかけでふと開いてみると、見に来てくれる方がある様子。
また、poohさん始め当時ブログをやっていた方で、ずーっと続けている方もいらっしゃって懐かしくなりました。

またぼちぼち始めてみようと思うのでこちらこそよろしくお願いします〜
Posted by パンチ at 2009年09月12日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。