2006年06月10日

BLUES AND THE ABSTRACT TRUTH/Oliver Nelson

B00008KKTM80%.JPG

今回は、アレンジャーとして誉れ高いオリバー・ネルソンの代表作「BLUES AND THE ABSTRACT TRUTH」です。

こちらは全曲ネルソン作のブルースがずらりと並ぶブルース集となっています。

ただ、いかにも」といったブルースが並ぶのではなく、それぞれの曲にはネルソン流の味付けが施されており、曲によって趣がガラッと変わるところにこの人の懐の深さを感じます。

そして、そのアンサンブルの美しさはもちろんのことながら、このアルバムで特筆すべきはサイドメンの豪華さでしょう。

エリック・ドルフィー、ビル・エバンス、フレディー・ハバードといったそうそうたる顔ぶれが参加しており、そのソロは聞き応えがあります。

特に1曲目「Stolen Moments」は私のイチオシの名曲です。

海の底を思わせるような神秘的な雰囲気をもった曲で、エバンスが参加しているせいでしょうか?マイルスの「Kind of Blue」に通じるものを感じるのは私だけではないはずです。

入り方からしてむちゃくちゃカッコいいフレディ・ハバードのソロ、力強くうねるようなドルフィーのフルートソロは、都会的な洗練されたかっこよさが際立ちます。

そして、エコーを効かせ漂うようなアンニュイなネルソンのソロも一風変わっていて面白いのですが、最後にソロをとるエバンスのピアノが極めつけでしょうか。この曲にピッタリの雰囲気を作り出すその存在感は流石の一言で、そのソロの〆方に痺れます。

この1曲のためにこのアルバムを買っても損はない名曲です。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆
1.Stolen Moments
2.Hoe-Down
3.Cascades
4.Yearnin'
5.Butch And Butch
6.Teenie's Blues


posted by パンチ at 11:43| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | サックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、元ラッパ吹きの加持です。

早速ですが「ブルースの真実」は本当にいいアルバムですよね。
私も学生時代に、同じくインパルス盤 『Quintessence / Quincy Jones』 とともに愛聴してました。

しかしこの時代のフレディー・ハバードは、サイドに回った時の方が素晴らしいソロを聴かせてくれますよね。

それでは、また訪問させていただきます。
Posted by 加持顕(かじあきら) at 2007年03月10日 13:43
加持さんこんばんは。
色々見ていただいてありがとうございます。

加持さんはラッパを吹かれていたのですか?
すごい!うらやましいです。

コメント書かれているようにフレディー・ハバード、いいですよねぇ。無茶苦茶カッコイイ!

個人的には、ハンコックの処女航海のハバードのソロもすごく好きです。

やっぱりこれもサイドメンの時ですね。

加持さんのブログにもお邪魔させていただきます。よろしくお願いします!
Posted by 管理人 at 2007年03月12日 22:07
 加持です。最初にブログへのコメント、ありがとうございました。
 結構、同系統のアルバムを聴かれているようなので、今後もコメントよろしくお願いします。


<以下、蛇足です>
・・・お話は変わりますが、クインシー・ジョーンズのビック・バンド(レーベルはMercury)で、「Stolen Moments」を演奏しているアルバムがあるのをご存知ですか?

タイトルは確か「Great World Wide Of Quincy Jones Live!」で、「クリフォード・ブラウンのEmArcyレーベル・BOX」を監修したジャズ・ジャーナリスト児山さんの発掘盤だったと記憶しています。

ただ未だCD再発無し、私もLPからコピーしたテープしか無し・・・でも、その「Stolen Moments」で、同じくフレディ・ハバード(tp)が、かっこいいロング・ソロを取っているんですよ!

・・・大学生時代、そのソロ・フレーズを一部(タッタララ、タッタッタララ〜)、拝借して演奏しバンド仲間にウケた事を思い出しました・・(私的な話で失礼!)。

あと実は、「らっぱ」は今もたまに吹いてます。毎日吹いていないので「元」ということにしています・・・。

長くてすいません・・・それではまた、お邪魔します。
Posted by 加持顕 at 2007年03月13日 18:12
加持さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

「Stolen Moments」の話、ありがとうございます!
これは聴いたことないです。
是非聴いてみたいのですが、JAZZのCDって手に入らないものって多いですよね。
以外と図書館とかにレコードがあったりする時があるのですが、コピーがとれないんですよね。
加持さんのブログでも書かれているように、売っているのを見かけたら即買いですね。

こちらこそ情報交換などよろしくお願いします。

Posted by 管理人 at 2007年03月14日 13:08
加持です。

クインシーのライブ、ネットに「詳細情報」見つけましたので参考までに。こんな時にネットの便利さを痛感します。

1961年スイス・チューリッヒのライブ。で、アルバムのラストは短めの「Moanin'」でしたね。記憶違いですいません。

情報を確認すると、1990年にCD発売されているみたいですので今度、「アマゾン」と「eBook-Off」あたりを検索してみます。

●アルバムの詳細●
http://www.starpulse.com/Music/Jones,_Quincy/Discography/album/P6851/R141852/

●Mercuryレーベル・ディスコグラフィー●
http://www.jazzdisco.org/mercury/1961-dis/c/index.ja.html#610310
Posted by 加持顕 at 2007年03月14日 18:29
加持さんこんばんは。
私事ですが、引越しをしてしばらくネットが繋がらずコメント遅れてすみませんでした。
早速ですが貴重な情報ありがとうございます!
ネットで調べればこんな情報もわかるんですね。すごいですね〜
ネット以前は本で調べるくらいしかなかったですものね。
また色々教えてください。
ありがとうございます!
Posted by 管理人 at 2007年03月19日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。