2010年02月06日

QUIET KENNY/Kenny Dorham

無題.JPG


今回は、トランペットの渋〜い名盤、ケニー・ドーハムの「QUIET KENNY」です。

ケニー・ドーハムは、ビバップ時代から活躍する渋い脇役といったイメージの強いプレイヤーですが、その作曲能力の高さにも定評がある人です。

本作の1曲目「Lotus Blossom」は彼の代表曲と言ってもよい名曲です。

私は初めてこの曲を聴いたのはオムニバス版の中の1曲としてなのですが、「チャチャチャー」と始まるシンバルのかっこよさと印象的なメロディーが耳に残り、いっぱつで虜になってしまったクチです。

本作のドーハムは、ハードにブローするわけでもなく艶やかな音色で淡々とクールな演奏に終始しますが、これがアルバム名「QUIET KENNY」の所以でしょうか。

ドーハムは、本作の他に「AFRO-CUBAN」という代表作がありますが、こちらはその名が示すとおり、ラテンナンバーで派手に爆発しており、こちらが「動」のドーハムとすると、本作は「静」のドーハムという事になるのでしょう。

といった訳で静かな曲が多いのですが、何と言ってもオススメは先に取り上げた「Lotus Blossom」でしょう。

他にはため?を効かせた長いソロが聴きどころの3曲目「Blue Friday」、抑えた美しさの4曲目「Alone Together」あたりが私のオススメです。

ドーハムの人柄が滲みでているかのような渋〜い名演です。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆

1. Lotus Blossom
2. My Ideal
3. Blue Friday
4. Alone Together
5. Blue Spring Shuffle
6. I Had the Craziest Dream
7. Old Folks
8. Mack the Knife


Kenny Dorham(tp),Tommy Flanagan(p),Paul Chambers(b),Art Taylor(ds)

Nov 13,1959
posted by パンチ at 00:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トランペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129203832

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。