2006年04月30日

JAZZ GIANT/Bud Powell

B00008KKU4.09.LZZZZZZZ80%.JPG

またまたバド・パウエルのご紹介です。

暖かくなって気分が浮き浮きしてくると、なぜかパウエルが聴きたくなってくるのです。

そんな訳で、今回はバド・パウエルの「JAZZ GIANT」です。

パウエルは破滅型のジャズマンとも言われているように、麻薬で逮捕されたり、精神病院に入れられたりしたため、その絶頂期の演奏はそれほど多く残されている訳でもありません。

先にご紹介した「BUD POWELL(バド・パウエルの芸術)」はその代表作ですが、今回ご紹介する「JAZZ GIANT」も絶頂期パウエルを代表する1枚です。

さて、全盛期のパウエルというとどうしても超人的なテクニックに裏打ちされた鬼気迫る迫力の演奏を思い浮かべますが、エレガントなバラード演奏も捨てたものではありません。

本アルバムは、こうした全盛期のパウエルの様々な演奏がバランス良く収められているのが魅力です。

1、3、6、8、10曲目では絶頂期のパウエル特有の、一瞬の演奏にかける勝負師を思わせるような切れ味鋭い演奏を聴くことができますし、4、11、12、13曲目のバラードはエレガント!の一言です。

また、本作はパウエルの曲が比較的多く収められています。
個人的に、パウエルの曲は好きなものが多いので嬉しいかぎりです。

特にオススメは、5曲目「Strictly Confidential」、7曲目「So Sorry Please」です。パウエルの曲特有の弾むようなアクセントを効かせた小粋なナンバーで、聴いていると楽しい気分になってきます。

それにしても、パウエルは、ジャズの歴史の中でもほんの一瞬、しかし、ひときわ大きく、そして美しい花を咲かせて散ってしまった花のような存在のような気がしてきます。


初心者オススメ度 ☆☆☆☆
1.Tempus Fugit
2.Celia
3.Cherokee
4.I'll Keep Loving You
5.Strictly Confidential
6.All God's Chillun Got Rhythm
7.So Sorry Please
8.Get Happy
9.Sometimes I'm Happy
10.Sweet Georgia Brown
11.Yesterdays
12.April in Paris
13.Body and Soul


posted by パンチ at 12:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) |  Bud Powell | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kahnです。

最近、バドばかり聴いているような気がします。

やはり、パンチさんが仰っているように、暖かくなってきたからでしょうか 笑

このアルバムも、ほんとにバランスの良い素晴らしい作品ですね。
Posted by kahn at 2006年05月03日 23:03
kahnさん、こんにちは!
コメありがとうございます。
バド・パウエルは他にも紹介したいものがあるのですが、パウエルだらけになってしまうので(笑)、また暫くたってからですかね。
ブルー・ノート版とかもよく聴いてます!
Posted by パンチ at 2006年05月05日 12:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。