2010年05月27日

BREAKTHROUGH/The Don Pullen George Adams Quartet

a380a1909fa0e0c13553f110_L__SL500_AA300_.jpg


山中湖畔で夏の恒例となっていた「マウント・フジ・ジャズフェスティバル」のイメージソングにもなった「Song from the Old Country」の収録されているアルバムと言った方がよいでしょうか。

今回は、ドン・ピューレン&ジョージ・アダムス・カルテットの「BREAKTHROUGH」です。

哀愁漂う美しいメロディーをもった曲で、当時1万の観客を総立ちにさせた伝説の名曲です。

私は残念ながら生演奏は聴いたことがなく、当時の録音を聴き感動し、そのオリジナルが収録された本作をようやく探し当てて手に入れたのですが、現在入手しにくくなっているのが非常に残念です(ブルーノートなのに・・・)。

双頭カルテットの一方のリーダー、ピアノのドン・ピューレンはそのアバンギャルドな演奏(鍵盤を拳でこねくり回すような奏法)と攻撃的なソロでフリー・ジャズ奏者として分類されるミュージシャンです。

そんなイメージのせいか「フリーはちょっと・・・」と敬遠されがちですが、冒頭の「Song from the Old Country」の作曲者としての作曲能力、美しいリリカルな演奏もこなせる懐の深さは只者ではなく、もっと注目されてしかるべきミュージシャンだと思います。

一方、ニット帽がトレードマークのテナー奏者ジョージ・アダムスは、豪快に楽器を振り上げブローし、時にフリーキーなトーンで咆哮するスタイルがお馴染みの人気者です。

ポピュラーソングも彼の手にかかると立派なJAZZになってしまうように、本質的にソウルフルで歌心に溢れた人で、この点ドン・ピューレンと非常に音楽的な根幹が似ているように思います。

ダニー・リッチモンド(ds)とキャメロン・ブラウン(b)が力強く支えるリズムセクションを背景に、ピューレンとアダムスが熱く燃え上がるかのように自由奔放に飛び回る様は爽快の一言です。

そんなピューレン=アダムス・バンドの日本で一番有名?曲とも言える「Song from the Old Country」が収録されているアルバムが本作です。

このバンドの最高傑作は他に譲るとしてもなんと言っても「Song from the Old Country」でしょう。

この収録後、数年と経たないうちにリッチモンド、アダムス、ピューレンと相次いで若くして亡くなってしまい、今や80年代の熱狂が嘘のようにその存在すら忘れ去られつつある実力派バンドの入門編としてうってつけの1枚だと思います(手に入れにくいのが難点ですが・・・)。

是非聴いてみてください!


初心者オススメ度  ☆☆☆


データ
posted by パンチ at 17:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

CONCERT BY THE SEE/Erroll Garner

B00000269G48%.JPG


今年は天候が不順でしたが漸く春らしいさわやかな暖かさが続くようになってきました。

今回のエロル・ガーナーの「CONCERT BY THE SEE」は、そんなぽかぽかした暖かさの中で気持ちよく聴きたい1枚です。

ガーナーのピアノのスタイルは独特のものです。

利き手の左手で強烈なビートを刻み、これがグイグイと前に突き進んでいくスイング感を生み出し、そこに右手のメロディーが若干遅れて出てくるのですが、これが誰にもマネの出来ない「ビハインド・ザ・ビート」と呼ばれる独特の雰囲気を生み出しています。

うきうきと楽しい雰囲気が満ち溢れているのもこうした彼の演奏法によるところ大でしょう。

そんなエロル・ガーナーの代表作と言われるものが本作「CONCERT BY THE SEE」です。何と言っても題名が粋じゃないですか。

1曲1曲は短めですがどれも粒揃いのハズレなしですが、中でもオススメは、否が応でも体が動き出す軽快な1曲目「I'll Remember April」、エレガントで劇的な4曲目「Autumn Leaves」、軽快な中でも次第に興が乗ってくるのか凄みさえ感じさせる5曲目「It's All Right with Me」、お茶目なアドリブが魅力的な6曲目「Red Top」あたりでしょうか。

その名のとおり、暖かな海辺などでのんびり聴いたら最高に気持ちいい1枚でしょうね!


初心者オススメ度 ☆☆☆☆




データ
posted by パンチ at 17:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。